RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, -
大森 肉バル Go-ジラ

大森で肉バル屋を発見

 

大森Go-ジラ


店名は「Go-ジラ」と言う
シンゴジラで大田区一帯は
こいつに壊滅状態にされたんだから
インパクトはあるな
入店すると男性は数名…

怖いもの見たさなのか…

女性ばかりである

 

大森Go-ジラ

 

メニューは
カレー、パスタ、山形牛ハンバーグの3種類
さて出てきたのはこれだ ↓

 

大森Go-ジラ

スープとサラダ(トマト抜き)

 

大森Go-ジラ

メインのハンバーグ

 

いい塩梅のデミソースとふんわりナツメグが効いたパテ
中々、旨いな
ボリュームもあってコスパも良しである。
場所: 東京都大田区大森北1-12-1  大森北ハイツ1F

author:Teshy!, category:教室の日常, 16:30
comments(0), trackbacks(0), -
変だ!

長男がギターに興味があるらしい。
まぁ趣味を持つことは良い事だろう。
筆者も下手の横好きでベースを弾いている。
そう言えばと
30年ぐらい前に友人から譲り受けたギターを思い出した。
確か無名ブランドじゃなかったかなと
クローゼットの奥底から引っ張り出されたこのギター

 


ありゃ、ストラトじゃありませんか♪
ん? フェンダー? いや変だー!(失礼)
よーく見るとフェルナンデスである。
いわゆるパチ物と称されるコピー商品だな。
フォントロゴがそっくり。

 


リズムを取って弾いていればヘッドが動き
パッと見分からんだろう。
しかしフェルナンデス
今や布袋も使っているブランドギターである。
Wikiをググれば
1969年2月に斉藤楽器を設立、クラッシクギターを販売
1972年10月に社名をフェルナンデスに改名
フェンダーやギブソンのコピーモデルを販売していたとある。
Wikiによれば
----------------------------------------------------
それまで形だけのコピー楽器が多かった業界へ
本格的な設計
(構造的にはオリジナルとは微妙に違いがあったが)の
楽器を持ち込み、プロ・アマ問わず大きな支持を得た。
----------------------------------------------------
とある。
1977年頃までフェンダーのロゴに似せて販売していたそうだ。
フェンダーから当然クレームが出たのだろう。
以降はロゴの書体を変えたそうだ。
フェンダーはフェルナンデス
ギブソンはバーニーとして区別していたそうだ。
しかしこのギターには「Fernandes Stratocaster」の
ロゴの下に小さく「BURNY」と刻印されている。
これ以上の情報は得られないので調査終了。
さて、音が出るのか
まだ試してない。

author:Teshy!, category:教室の日常, 13:29
comments(0), trackbacks(0), -
曹洞宗大本山總持寺にて初詣

例年は潮田神社へお参りするのであるが
今年は初の日の出を拝みたく
總持寺のお山ならでは拝めるのではと…
6時過ぎに長男と伴に家を出た
辺りはまだ暗く人通りもほとんどない
行く道は夜歩くより何故か心底暗く感じるのである
JRをまたぐ長い歩道橋に向かった
以前ここには踏切があった筈だが
今はフェンスで閉鎖されている
さて、歩道橋を降りると「初詣は總持寺へ」とノボリが
入口で迎えてくれる

 


投光器が照らす暗い道を進んで行く
三門を通り向唐門を抜ける
少し進むとピカピカに磨かれている長い廊下を横切る
これは帰りがけに撮ったもの ↓

 


すると目の前に仏殿が現れた
筆者の家は真言宗なのであるが、
お参りしないわけにはいかない
日の出まで待つことにした
空が白み始め、辺りの様子も少なからず見えてきた
大きな建物が隣接しているではないか大祖堂である
よく見れば、この場所より高い位置にある
日の出を多少でも早くみられるだろうと移動した
日の出時刻をググってみると6:51とある
外は寒く身体の芯まで冷える、今しばらくの我慢

 


だんだんとオレンジの色が強くなり
自然のグラデーションを堪能
すると、木漏れ日となって初日の出が差し込んできた
こんな近場で楽しめるとは
良かった(^^♪

場所: 神奈川県横浜市鶴見区鶴見2-1-1

author:Teshy!, category:教室の日常, 08:44
comments(0), trackbacks(0), -
謹賀新年

皆さま
明けましておめでとうございます

旧年中は大変お世話になりました

 

写真は曹洞宗大本山總持寺の参道から望む初の日の出


本年もよろしくお願いいたします

author:Teshy!, category:教室の日常, 07:17
comments(0), trackbacks(0), -
2016 Xmas

クリスマスだな
例年通り大きな肉を焼き

 

 

ケーキを皆で食べる

 


今年はいつもと違うことが…
長男がケーキを買ってくれたのである
なんとなく嬉しい
肉は「肉のハナマサ」で購入。
ブラックアンガス牛である。
肉々しく歯応えもあるが、しっとりした美味しい肉である。

author:Teshy!, category:教室の日常, 21:35
comments(0), trackbacks(0), -
Wild Kopi Luwak

Wild Kopi Luwak ← ワイルド・コピ・ルアク と読む
インドネシアから帰国した友人からお土産を頂戴した。
何でも珍しいコーヒーだそうだ。
友人は嬉しそうに先ほどからニヤニヤしている。
こんな時は何だか怪しい…( ̄ー ̄)
そのコーヒのパッケージを見ると狸が写っている。

 

Wild Kopi Luwak


そう言えばどこかの国でジャコウネコを使った
コーヒーがあると聞いたことがある。
早速、ググってみれば友人のニヤニヤはまさにその通り
狸ではなくジャコウネコである。
ジャコウネコにコーヒーの実を食べさせ
その糞から未消化のコーヒー豆を取り出し
消毒し焙煎するとな。
この上ない上品で薫り高いコーヒになると書いてある。
一生に一度は飲んだ方が良いとまで書いてあるのだ。
ならばと煎れてみた。
なるほど薫りが良い。
ジャコウネコのお腹が何をしたのかまでは分からないが
随分と旨いコーヒーである。
そうだコナコーヒーに近いのかな
まぁ、物は試しに皆様もどうぞ…

author:Teshy!, category:教室の日常, 20:55
comments(0), trackbacks(0), -
退役と入隊

蒲田に移転して
はや8年を超え9年目を迎えようとしている。
当初は最新だった機器も、
それなりにくたびれてきている。
老兵のプリンターである。
Epson EP-802A

 

Epson EP-802A


排紙トレイが壊れている。
頻繁に複数枚を挟み込んで印刷する。
さらに印字が滲み、
どんなにクリーニングを行っても
掠れる行が頻繁に発生。
クリーニングを行えば行うほど
インク屋が儲かる仕組みだな
もちろん純正インクを使用している。
Brother MFC6490CN

 

Brother MFC6490CN


このプリンターにはてこづったな
3年ぐらいで印刷するとあちこちにインクの染みが付く。
赤色が出ない。
角2封筒等の厚い紙を印刷すると紙詰まりが発生。
堪り兼ねてメーカーに修理依頼を行った。
その頃のBrotherはビジネス機の修理の場合、
代替機を無料で貸し出しするという
他のメーカーにはないサービスがあり重宝した。
その修理は2回も行っている。
ただ、故障する為に修理を行うのであるから
確信犯のようにも思えるな。
故障しなければそのようなサービスは必要がないし
本体価格が安ければ買い替えればいいだけの話だ。
ただ、この老兵は頑丈であり2回にわたる手術にも耐え
未だ現役である。
通常の印刷は問題が無いが大きな封筒の印刷は詰まってしまう。
まぁ、8年も持てば本望だろう
さて、新兵の入隊である。
Epson EP-978A3並びにEpson PX-M5041Fを入隊させた。

つい先ほどである。

Epson PX-M5041Fが届いた デカッ!

 

Epson PX-M5041F


Epson EP-978A3 これだ ↓

 

Epson EP-978A3


Epson PX-M5041F これだ ↓

 

Epson PX-M5041F


Brotherをやめた理由は特にないが
ビジネス機修理による
代替機貸し出しサービスが無くなった理由もあるかな
さてさて各PCへプリンタードライバーのインストールだ
気が遠くなる…
おっWindows10/8.1は自動的に認識するぞ(^^♪

author:Teshy!, category:教室の日常, 17:48
comments(0), trackbacks(0), -
スーパームーン

スーパームーン
昨日11/14は68年ぶりに大接近すると言われたがあいにくの雨…
さて、その翌日
あんまりデカい月が…

思わず撮ってみた

 


かなりデカいし明るいな
画像処理は一切行ってない。
場所: 鶴見の自宅付近

author:Teshy!, category:教室の日常, 21:28
comments(0), trackbacks(0), -
やきとり こまつ de 親子丼ランチ

んーー
インフルエンザの予防接種は一週間前に行った。
なのに、先週から風邪をひいている。
主治医に診てもらい薬を処方して頂いた
熱もないのでインフルエンザではないと診断された。
しかし治りが悪い。
今日も、また処方して頂いた。
さて、昼飯時である。
そうだ、「こまつ」で親子丼を頂こうと
500円ランチを思い出した。
これこれ、この期待感

 

komatu


蓋をされたどんぶりの中は これだ ↓

 


蓋を取ると玉子の良い香りがふわーんと漂う。
木のしゃもじで掬って食べる美味しさ。
堪らない。
場所: 神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央1-25-1 パル甲陽 1F

author:Teshy!, category:教室の日常, 15:42
comments(0), trackbacks(0), -
まさか、交叉反応

アナフィラキシーショックは食物で摂取した場合30分以内で発症するという。
その時、食べたものは
真鯛の刺身、カジキマグロの塩焼き、トマトのオリーブオイルバジル和えである。
主治医はストレスも含めいろいろな組み合わせが原因だと言うが
今回摂取した食物を見ても
アナフィラキシーショックを発症させるまでの理由がどうも納得できない。
やはり疑うのがスギであろう、
クラス6 200以上の測定不能値、MAX160を振り切っているのである。
スギに対する強烈なアレルギー反応が
他の食物に対して影響している事もあるのでは?…
何気にスギ&トマトをキーとしてでググってみた。
すると、こ、これは… ↓
http://www.iza.ne.jp/topics/events/events-9273-m.html
誰も、そんな事を…、
お医者さんでも言ってくれない…
民間療法、信仰とでも言うのか?
http://cocoro-hihuka.com/rast1.html
スギに対するアレルギー反応と同等の症状をトマトが引き起こすとな…
交叉反応を初めて知ったのである。
色々なアルゲンに対して野菜・果物等で同じように発症するという。
思い起こせば
その日は、昼に桜エビがたっぷり入ったラーメンを食し これだ ↓

 


和鉄のカツオつけ麺 10月は桜エビのトッピング

 


PCクリーニングを行った際、汗だくで埃を被り…
シャワーも浴びず、自宅にて飲み始めた。
ヒスタミンはたっぷりと全身に蓄積されていたのだろう。
そこへもってスギ花粉と同等の症状を引き起こすトマトを食べたのである。
クラス6の反応、それも測定できないような反応を引き起す原因物質を食せば
アナフィラキシーショックになるのも理解できる。
これは、あくまでも素人の見解ではあるが随分とすっきりとした。
これからは生のトマトは十分な注意が必要だ。

熱を加えた場合は問題がないそうだ。
また、トマトにはヒスタミンが多く含まれている。
アレルギーはヒスタミンの過剰分泌によって引き起こされるわけであるから
相乗効果となり重篤になる危険を孕んでいることは間違いがない。
以前からトマトは好物であり酒のつまみにもした。
リコピンが体に良いと信じて
トマトが含まれる野菜ジュースも毎日飲んでいた。
大豆が原料の豆乳も毎日飲んでいた。
ヒスタミンが過剰分泌される状態を知らず知らずのうちに作っていたって事だ。
掃除して埃をかぶり  ・・・・・・・・・・・クラス3 +
マグロを食して、エビ、カニを食す。 ・・・・クラス3 +
そしてサラダのトマトを食せば…(*_*;  ・・・クラス6 = 重篤な危険
これが主治医が言うところの組み合わせに違いない。
いろいろ調べていくうちにヨーグルト、乳酸菌が抗ヒスタミンとして有効だと分かった。
アルゲンの排除は重要だが内から強くしておくことも重要であるな。

author:Teshy!, category:教室の日常, 10:56
comments(0), trackbacks(0), -