RSS | ATOM | SEARCH
甲状腺膿疱

甲状腺膿疱と言う厄介者
一昨年の春ごろ、喉元にしこりの様なものを発見する
まさかとばかりに東邦医大にて検査した。
すると、この病名が告げられた。
良性との事で
「気になるようであれば、いつでもいらっしゃってください」
と、若い女医が言う。
ほっとした筆者は、そのまま今日に至る。
しかし最近、歯医者さんからも「早く処置した方が良いですよ」
と言われるし、見れば大きくなっている様にも思え
気になる…、気になる…、
とうとう主治医から紹介状をいただいた。
東邦医大では外来受付時間との折り合いが悪く
自宅近くの済生会東部病院が良いだろうと
さて、東部病院では…
なんと対応できないと
持病の不整脈により血液がサラサラになる薬を
服用していることが理由である。
という訳で伊藤病院を紹介された。
この病院は甲状腺の専門病院である。
全国から患者が集まるという。
ならば参ろうと…
するとメガネのレンズが外れるという
何というタイミングの悪さ
蒲田のメガネ屋で修理を依頼した。
ならば腹ごしらえと「うどん038」へ

 


旨し(^^♪
さて久しぶりの銀座線である。

 


学生のころは駅に着く前、
交流と直流を切り替えるため
一時、車内が真っ暗になったが今は無いな(笑)
さて表参道
こ、これは…
人、人、人、一眼レフを手にする観光客
歩道脇にたむろう若者
人を掻き分け伊藤病院に到着
また院内も人人人だらけ
3時間後にやっと解放と相成った。
 

author:Teshy!, category:Hospital, 16:23
comments(0), trackbacks(0), -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 16:23
-, -, -
Comment









Trackback
url: http://teshy.jugem.jp/trackback/710