RSS | ATOM | SEARCH
変だ!

長男がギターに興味があるらしい。
まぁ趣味を持つことは良い事だろう。
筆者も下手の横好きでベースを弾いている。
そう言えばと
30年ぐらい前に友人から譲り受けたギターを思い出した。
確か無名ブランドじゃなかったかなと
クローゼットの奥底から引っ張り出されたこのギター

 


ありゃ、ストラトじゃありませんか♪
ん? フェンダー? いや変だー!(失礼)
よーく見るとフェルナンデスである。
いわゆるパチ物と称されるコピー商品だな。
フォントロゴがそっくり。

 


リズムを取って弾いていればヘッドが動き
パッと見分からんだろう。
しかしフェルナンデス
今や布袋も使っているブランドギターである。
Wikiをググれば
1969年2月に斉藤楽器を設立、クラッシクギターを販売
1972年10月に社名をフェルナンデスに改名
フェンダーやギブソンのコピーモデルを販売していたとある。
Wikiによれば
----------------------------------------------------
それまで形だけのコピー楽器が多かった業界へ
本格的な設計
(構造的にはオリジナルとは微妙に違いがあったが)の
楽器を持ち込み、プロ・アマ問わず大きな支持を得た。
----------------------------------------------------
とある。
1977年頃までフェンダーのロゴに似せて販売していたそうだ。
フェンダーから当然クレームが出たのだろう。
以降はロゴの書体を変えたそうだ。
フェンダーはフェルナンデス
ギブソンはバーニーとして区別していたそうだ。
しかしこのギターには「Fernandes Stratocaster」の
ロゴの下に小さく「BURNY」と刻印されている。
これ以上の情報は得られないので調査終了。
さて、音が出るのか
まだ試してない。

author:Teshy!, category:教室の日常, 13:29
comments(0), trackbacks(0), -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 13:29
-, -, -
Comment









Trackback
url: http://teshy.jugem.jp/trackback/711