RSS | ATOM | SEARCH
契約更新 Part2

今回仲介される不動産会社Bと打ち合わせを重ねました。
大家さんが、どうしてもこの場所を使いたい意向です。
この場合、移転の責は大家さん側にあるので
移転費用などの打ち合わせを開始しました。
当たり前のことですが双方譲らず。
落とし所を双方で模索する状態になりました。
また、教室トイレ内の亀裂も気になり
雨が降れば、その亀裂から水が漏れだす状態である事
眼科の入居にあたってエレベターを設置されたりなどの
大きな改修工事を施工されたこともありと
このまま入居していて建物の強度など安全であるのか心配もあり
今後、大きな地震でもあったらと、生徒さんもおられる事ですし
とても心配になりました。
そのような理由で、やはり移転しなければならないか、、、と
物件もリーマンショックなどの影響で沢山あるでしょうと
移転に伴うさまざま面で協力するとまで、、、
不動産会社Bの言葉に背中を押されました。
提示された移転費用は、
パソコンスクールを開校するためには及ばず
とても満足できる移転費用ではないものの
既存の機器を利用するなど工夫すれば
何とかなるかなと、気持は移転する方向に、、、、

引っ越し

author:Teshy!, category:移転, 15:09
comments(2), -, -
契約更新

契約更新でトラブルが発生です
事の発端は仲介している不動産屋Tが2回目の更新を忘れたことから
始まりました。
2年契約なのに
3年目になって突然更新のお知らせが来たのです
幸い、個人事業主から法人に切り替えていたので
丁度よいとばかり快く受諾し契約を行いましたが
この不動産屋さん、なんと当方の了解も得ず1年前の日付で
更新してしまいました。
さらに大家さんまで相談も無くいきなり
家賃を17%アップとか、30%アップとか、全く常識が通用しない方々です
困り切って東京商工会議所の弁護士さんに相談しますと
「受諾できません」と言いなさいと、、
あらら、そんな簡単で良いのかと、ほっとしました
そんなある時、別の不動産会社Bから
本件の更新手続きの件で案内がありました
この方は常識人です、問題を明確にし対応するとの事です
取り敢えず建物の悪いところを指摘し
調査・修理を依頼しました
 1. シンク排水口のカバーが飛び出し収まらなくなった
 2. 亀裂が建物の天井まで伸びている
 3. 雨の日トイレの角から水が漏れてくる
 4.. 空調が7年間、メンテしていない 等です

建物に亀裂?


いずれも早急に調査し報告があるとの事でした
待てど暮らせど連絡もなく
本日、電話にて大家さんは立ち退きを希望していると不動産屋Bより連絡が入りました。
さて、どうしましょ?

author:Teshy!, category:移転, 19:06
comments(0), -, -